カニンヘンダックス・ドナウの記録 ~モナコからの贈り物~
私の手に傷をいっぱい残して3週間でママのところに帰っちゃったモナコ。 キズの治った私の手にいつの間にか結んであった赤い糸、 たぐりよせたらドナウのしっぽが見えました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜、今日も私はドナウに「お手」を覚えさせようと
おやつをあげながら遊んでいました。
しかしなかなか言う事を聞いてくれず、
しつこい私にドナウはとうとう「ガルル!」と唸ってしまいました。
その瞬間、私はドナウに対してものすごく腹が立ち、
持っていた1粒のおやつを床に投げ捨てて、
「もう勝手にすれば!」と怒鳴ってしまいました。
私が怒っているのが分かったのか、ドナウはさっさとハウスに引っ込んでしまいました。
私は腹立たしさが抑えきれず、上着を着てカバンを持って部屋の外に出ました。
いつもなら私が上着を着た瞬間に飛びついてくるドナウ。
でも、この時はハウスに入ったきりでした。
深夜なのでもちろん玄関から先はどこにも行けず、5分ほどで私は部屋に戻りました。
ドナウは、ハウスに入ったままでした。
でも、投げ捨てたはずのおやつが見当たりません。ドナウが食べたのです。
私の居ない間におやつを食べたことに再び腹が立った私はドナウをハウスから引きずり出し、
もう一度おやつを1粒ドナウに向かって投げつけました。
「食べたけりゃ勝手に食べれば!」
ドナウはすぐさまハウスに引き返し身を縮めています。
私は床に落ちているおやつをそのままにしてお風呂に入りに行きました。
15分ほどで出て部屋に戻ると・・・
ドナウはハウスでしたがおやつはやっぱりありませんでした。
その瞬間、私の中でどうしても抑える事の出来ない何かが飛び出してしまいました。
私はまたドナウをハウスから引きずり出し、ヘソ天にしてじっと目を見つめました。
萎縮しているドナウ。でもその時は可哀想などとはどうしても思えず、
それどころか「もうこんな言う事聞かない仔要らない」とさえ思ったのです。
「死ねばいいのに。そしたらもっと頭の良い仔を買うのに。」
自分の思い通りにならないことがどうしても許せませんでした。
恐怖で震えるドナウを見ているうちに、ドナウに対する私の思いは
「腹立ち」から「好奇心」に変化していました。
逃げることも出来ない弱い生き物を目の前にして
絶対に思ってはいけない「優越感」を感じてしまったのです。
目の前の生き物の命は、私の心一つでどうにでも出来る、
その権利さえ手に入れたような錯覚を私は全身で感じていました。
私の目に映っているドナウはもう生き物じゃなく、私の好奇心の対象物。
首を絞めたら、
床に叩きつけたら、
壁にぶつけたら、
窓から投げ捨てたら、
思い切り頭を叩いたら・・・
恐ろしい考えが次々と頭をよぎっていきます。
世の中の、子供や動物を平気で虐待している人の気持ちがとてもよく分かりました。
憎しみなどではなく、ただの「好奇心」なのです。
自分が手を下すことによって目の前の弱い者が
どのように変化していくかを見たくてしょうがないのです。
そしてその衝動をどうしても抑えることが出来ないのです。
この時の私もそうなっていました。
私はおやつの入った小袋を手にして思い切りドナウに投げつけました。
「これが食べたいんでしょ!食べなさいよっ!」
そう言いながら私は何度も何度も小袋を拾っては投げつけました、至近距離から。
ドナウはビックリしてハウスに逃げ込みましたが
私はハウスの中にも何度も小袋を投げ込みました。
たまりかねたドナウはハウスを出て今度はトイレに逃げ込みました。
そこにも私は同じことを繰り返し繰り返し・・・。
隙を見てトイレからも逃げ出し、恐怖で走れなくなった状態のドナウは
ソロリソロリとソファの下に逃げていきました。

自分で自分がよく分からなくなってしまった私は
ドナウから離れて一人でベッドで横になりました。
いつもなら私がベッドに行くとすぐに潜り込んでくるドナウですが、
全く動く気配がありません。
30分ほど経ったでしょうか、私は急にドナウが心配になりソファの下をのぞきに行きました。
ドナウは私の手の届かないところでじっとうずくまっていました。
すぐに抱きしめて謝らなければ!と思ったのですが、口から出た言葉は
「今日は別々に寝よう。おやすみ。」というそっけないセリフでした。
私は怖くてドナウに触れることが出来なかったのです。
再びベッドに戻り、これからのことを考えました。
犬は、恐怖体験は絶対に忘れないので、
もしかしたらドナウはもう私のそばには二度と来ないかもしれない・・・。
2.3分ほどしてからドナウに動きがあり、体を起こして見るとベッドの脇まで来ていました。
私が「おいで」と声を掛けると、ドナウは尻尾を振って手元に来てくれました。
「ごめんなさいドナウ。」
ようやくドナウを抱きしめて私は何度も謝りました。


感情だけで絶対に犬を叱ってはダメです。
そんなのは躾でも何でもありません。
「怒り」の感情を「好奇心」に変貌させては絶対にダメです。
今回、初めて感情のみで叱ってしまい、それが突然急激にエスカレートし、
ドナウに取り返しのつかない酷いことをしてしまいました。
生き物を飼う資格などありません。
でも、そんな私なのにドナウは私の腕の中に来てくれました。
2度とこんなことをしないと誓い、一緒にドナウと生きて行こうと思います。( 3月26日)
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/27 01:11】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/27 02:44】 | # [ 編集]


はじめまして。こんばんは。いつも楽しくブログ拝見しています。
私はまだワンコを飼っていません。
しかし、今の貴女の気持ちとても良く分かります。
そして、最後にワンコは話すことができない・貴女しか頼るものがいないと言うことに気がつかれたことがすばらしく思えました。

恥ずかしい話しですが、これを読んでちょっぴり目に涙が・・・。

私も近いうちにワンコを飼うものとして今日の貴女の行動を自分の戒めにしたいと思います。これからも応援しています。

私もワンコを飼ったらいろんな事教えてくださいね。

それでは・・・。
【2006/03/27 03:50】 URL | けんご #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/27 09:53】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/27 10:00】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/27 10:22】 | # [ 編集]


コメントくださった皆様へ

いろいろありがとうございました。
皆様の励ましのお言葉、とてもとても嬉しかったです。
まだまだワンコ飼いとして未熟すぎますがこれからも頑張って行こうと思います。
【2006/03/27 21:32】 URL | らり #foglHflk [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/27 23:17】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/27 23:37】 | # [ 編集]


コメントくださった皆様へ

励ましの温かいお言葉本当にありがとうございました。
私の出来る範囲で、そしてドナウが苦しくないように
一緒に過ごして行きたいと思います。
【2006/03/28 01:37】 URL | らり #foglHflk [ 編集]


らりさん、とってもいい経験をしたのだと思いますよ~
誰にでも感情ってあるから・・・・
ドナちゃんには、可哀相な事になっちゃったけど
らりさんも今回の事でとても大切な事を学んだのですから・・・結果、ドナちゃんはらりさんとところに戻ってきたのですから、きっと、らりさんの気持ちはドナちゃんに伝わったと思います。
人間と動物・・・言葉は伝わらなくても、お互いの表情で、
伝わるものってあるんですよね♪

らりさん、自分を責めないでね!
私は、らりさんもドナちゃんも大好きです(*^_^*)
【2006/03/28 02:02】 URL | nokotan #iEy5E982 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/28 18:37】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














極秘文書にはチェックを!



ユニークアクセス

2006.1.15~



お知らせ

クリックで拡大します




主役

らり

管理人:らり
資 格:ドッグライフカウンセラー
わん名:ドナウ
犬 種:カニンヘンダックス(レッド)
性 別:女の子
誕生日:2004年11月15日
2006年1月18日でドナウと出逢って
1周年を迎えました。
「ドナウ、うちに来て幸せですか?」
…あれ? 返事が無いなー…。
全世界にお友達募集中です♪
お気軽にコメント下さいね♪
夢は、カフェの看板犬!
現在体重3.0キロです。



影の主役

名前:リバ                     犬種:Mダックス♀ブラタン          2006/2/26某デパートにて購入          ドナウに虐められながらも           密かに看板犬の座を狙っている



伝説の主役

名前:モナコ♀Mダックス(ダップル)       2004/11/23、生後45日で突然うちにやってきた。当時犬嫌いの私は上手く飼う事が出来ず、12/16、ママの待つブリーダーさんのところに帰って行きました。         モナコ、ごめんね。               写真クリックでモナコの記事に飛べます



ランキング参加始めました

それぞれ1日1回ポチリ有効です♪

『ワンコ*ランキング』



最近のコメント



最近の記事



☆いただきもの&リンク☆

シネマと認定証はネコ娘さんから♪            会員証はれんママさんから♪          ドナリザ&ゴジラ&戦いはまろ母さんから♪ ☆画像CLで各ブログに飛べます



お友達(50音順)



★バナーリンク★



ドナパパたちのブログ

砂漠を緑の大地に~ドナパパ                アイアムファーザー!~いまさん                ペルソナのつれづれ日記~やまさん                TAMの出来事~たむさん



カテゴリー



ドナウバナー

よろしければお使いくださいませ



★ドナウのお里★



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ開設2005年12月より



全記事(数)表示

全タイトルを表示



フリーエリア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。